せめて日本で初版が出版された当時読めていれば、と悔やまれます。 でも、それが自分にとってのタイミングだったのだ […]